スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひげ爺の独り言 放談 小噺 『山陰海岸国立公園』        ご近所便り

 「御火の浦」の東端・餘部(あまるべ)地区に到着。R178線に合流する。

 餘部鉄橋はJR山陰本線の鎧駅と餘部駅との間にある鉄橋で全長309.4m、橋脚の高さ41.5mで、トレッスル式鉄橋としては日本一の規模である。鉄橋は、余部集落をまたぎ東西の山に架けられ、東側に東下谷トンネル、西側に餘部駅がある。鉄橋下をR178号線が走っている。
 トレッスル式鉄橋とは末広がりに組まれた橋脚垂直要素(縦材)を多数の横斜めの材料を使用して橋桁を支える形式の橋梁で、一般には鉄道橋としての用例が多い。
 dc022001.jpg
 トレッスル式鉄橋;名映画「戦場に架ける橋」の名場面を彷彿させる橋梁である 
明治42年12月着工。アメリカ製の輸入鉄材を使用し、一度九州門司港で国内汽船に積み替え餘部沖まで運び再びハシケ(艀)に積み替えて陸揚げした、8月以降の日本海は荒れる事が多いが積荷から陸揚げまで一度も時化る事は無かったとのエピソードもある。
機械力の乏しい前近代的工法の中にあって、当時最高の技術を駆使。明治45年1月に完成した。明治45年1月28日、試運転を実施。2両連結の機関車が運転され同年3月1日香住~久谷(新温泉町)間の営業が開始され、山陰本線は全通となった。工事には、33万1,000円の費用(現在地に現橋梁と同じものを建設する場合の工事費用概算:42億円)と工夫25万人を要したそうである。
 この鉄橋は初代橋梁で平成22年(2010年)まで使用された。
 「列車転落事故」
 昭和61年12月28日午後1時25分頃、福知山発浜坂行下り回送列車が余部鉄橋を走行中、最大風速約33m/sの突風にあおられて客車7両が約41m下に転落し、水産加工場と民家を直撃しました。この事故により、水産加工場で働く地元の女性従業員5名と車掌1名の尊い生命が奪われ、6名が重傷を負いました。転落したのは、山陰お買い物ツアーの臨時お座敷列車「みやび」の団体用客車。176名の乗客が香住駅で下車した直後の出来事でした。この悲惨な事故をきっかけに、風速による運行規制は25m/sから20m/sとなりましたが、それにより特に冬季に集中して列車の遅延・運休本数 が大幅に増加し、列車運行の安全性と定時制の確保が大きな課題となりました。現在事故現場には、犠牲者の慰霊と、事故が二度と起こることのないようにと願 いを込め、聖観世音菩薩が安置されています。(当時の記事より)
 dc021912.jpg
                 供養の聖観世音菩薩像

 橋梁の老朽化の為、弐代目の現橋梁はエクストラドーズドPC橋で、2007年3月からの架け替え工事が始まり2010年8月に完成し供用が始まった。
 image 21
 image 22
 image 23
 image 24
 image 25
 image 18
車窓から観た餘部湾の東側(写真右)の海岸を香住に向けて進む

 dc022301.jpg
 dc021004.jpg
 image 32
             光の射したかで海面の色が変化
 image 26
                   大きなメガネ!!
 image 27
                   バームクーヘン?
 image 31
              
 image 29
               巣島の南側へ回ると、サザエさんが顔を出す
 image 28
昔、ミサゴという鷹科の鳥が島のてっぺんに巣をつけたことからこの名が付いた。左端が「鎧の袖」
 image 30
     シャイアン族の斧や弓が飛んできそうなインディアン島
 image 17
鎧の縅(おどし)のように見えることから「鎧の袖」と呼ばた。高さ約70m、幅200mの断崖(国の天然記念物指定)
 image 36
 春の海 ひねもすのたり のたりかな 蕪村   日本海の5月の海は蕪村の句そのまんま!
 image 35
 image 41
 丹後の節句;鎧の港に鯉泳ぐ・男児誕生おめでとう!・・・・山の中腹を山陰線の列車が走る
 image 40
 松の緑の美しい島々が整然と並び画面右が兄、左が弟、仲良く並ぶ兄弟赤島
 image 39
 兄弟赤島の近くに姉妹赤島がある・妹島は姉島に隠れて見えない・得てして姉妹はそんなものかなぁ! 
 image 38
 春の海にピッタリの沖の松島
 image 37
磯の松島(弁天島)柱状節理の島;柱状節理とは溶岩が固まって冷えるときに、溶岩の体積が縮むために出来た規則的な割れ目(専門的にいうと節理)のことです。玄武岩など・・。 
 image 43
 image 33
 image 45

 dc022303_20130223104148.jpg
                   周 辺 地 図
 image 46
 image 51
香住砂岩泥層と呼ばれる層で、漣痕とは、漣(さざなみ)の痕跡。 約2,000万年前、香住区下浜付近一帯は「古浜坂湖」という淡水湖で、その湖底の泥に刻まれた波の跡は礫質の砂の層に覆われていた。 それが地層の中に化石となって残されている。
 image 49
平島一帯には小動物の足跡が数多く残されている。
 image 50
象の足跡・・山陰地方に「野生動物パーク」があったとは愉快である。 
 image 47
 dc022309_20130223133550.jpg
近くに県立香住高校がある・・・ヒゲ爺の頃は香住水産高校で同級生も2人入学した・・今は普通高校で「海洋科学科」があるそうだ。
 image 52
 1万キロ航海に挑む 兵庫・香住高の漁業実。

 image 48
 image 53
                香住漁港と漁港全望
 dc022324.jpg

 『岡見公園』
 image 55
 image 54
               岡見公園と香住東湾沖を遠望する
 image 57
         公園下の好釣り場・一糸垂らしたいものだ・ゆうすげの花
 image 56
 ユウスゲはキスゲとも呼ばれ、本州から九州に分布する多年草。葉は30~70cm、幅は5~15mmで生育地によって変異が大きい。 葉はW型に脈があり、軟らかい。夏、高さ30~150cm程度の花茎を出し、夕方から黄色の花を咲かせる。
 image 58

 『今子浦』

 image 62
 image 59
          今子浦海水浴場・写真右にはカエル島 
 image 64
          よくぞまあ これまで似るか カエル島 
 image 60
 image 61
 image 63
           今子浦の「但馬赤壁・千畳敷」と「夕景と落日」

 『大引きの鼻』

 image 65
         image 70
 但馬赤壁を沖合いに向かうと先端にでる・大引き鼻展望台と続く。 
 dc022513.jpg
 image 68
 「大引き鼻展望台」からのパノラマは絶景!・・眼下に「黒島・白島」が・・・ 
 image 67
 前方沖合いに「大引き鼻」先端部を見下ろす・・・
 dc022512.jpg
 東方を望む・柴山港方面へ⇒⇒・・・・・ 
 
 『柴山港』
 image 74
 柴山港は避難港にも指定されている。海岸線が大きく入り組んでおり、天然の良港として知られている。北前船の時代「風待ちの港」「避難港」として諸寄と並び有名であった。 
 dc022610.jpg
 image 72
                 柴山海岸 風景
 image 71
 日本海側では旭日は撮る機会は少ないが落日は何処で撮っても素晴しい!
 image 73
 大きく入り組んだ湾の先端に部にサザエが蓋をするように「臼ヶ浦島」があり防風と坊波の役目をしている。好釣り場でもあるらしい。  

  『佐津・安木海岸』

 image 73
 image 74
 image 75
東に竹野・西に香住海水浴場を控えて広い海岸線と砂場には比較的海水浴客の数は少なめ、ゆっくりしたい御仁には「穴場」かも知れない。
 image 76
 image 77
 image 78
佐津海水浴場と同様の「穴場」であろうか! 


                     「餘部・香住編 完」


              ・・・次編は「円山応挙と大乗寺」を予定・・・


               
                   




スポンサーサイト
プロフィール

ひげ爺 良兵衛

Author:ひげ爺 良兵衛
ひげ爺のブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
ブロとも一覧

ライフスタイル向上のすすめ

バックスクリーン三連発

地球の上で 〜人と生きるということ〜

心に風が吹くとき

本も映画も文具も、いいものはいい!

勇者フランツ

大きな声が出せないボイストレーナーブログ♪

ghost mail

ゼロから始める楽しい登山―初心者でも登山を10倍楽しむ方法を公開!!―

グローバルアジアん

写真とか小説(オリジナル)とかそのほか色々

オヤジの食卓

kbrkのつぶやき

One to Go

わくわく株式投資

しまじろうアニメの検証と考察

伊織のブログ

八十八(無職男・42日間歩き遍路旅からの人生)

宮廷アリス

Welcome to my thought♪~私の思想へようこそ♪~

QWERT 5w1h

おきらく道場

オンラインスロットプロ

Poem Spice-久遠の詩-

悩み解決!常識を捨てれば全てうまくいく

”さぶ”の独り言

★ Supaku Blog ★

素敵な人生(にゃんこ先生がお届け)

torara(°∀°)blog

MacとWindows:パソコン買取屋ブログ

勝ち組の日経225

夕子、西成区、花園町在住 の続篇・・・。                     『 制服と割烹着(夕子と昌幸・青春篇) 』  
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。