ひげ爺の独り言 放談 小噺『山陰海岸国立公園』     ご近所便り

 『山陰海岸国立公園』から一ヶ月余りも逸脱しましたが再び兵庫県県道11号線海岸道路に帰ってきました。美しい但馬海岸を愉しんで下さい。

 『竹野海岸と日和山公園』
 dc032801.jpg
「香住海岸エリア」を過ぎると「竹野海岸」に至る。 
 image a5
迎えて呉れるのは「猫崎半島」である。この半島にも山陰海岸特有の奇岩・洞窟・絶壁が数多く有ります。 
 image a1
            「淀の洞門」高さ18m、奥行き最大40mの海食洞。 
 image a2
            「淀の洞門」入り口・近影 
 image a3
            「淀の洞門」には上記の伝説が残っている
 dc033101.jpg
             但馬海岸特有の断崖絶壁 
 image a6
「はさかり岩」・但馬地方では、物が「挟まる」ことを「はさかる」と表現する。「歯に食べ物がはさかった」等々である。「岩と岩に挟まった岩」と云う意味である。
地層に沿って形成された海食洞門の天井部分の岩が落ちて洞門側の壁の岩に挟まった状態、すなわち洞門崩壊の途中の姿を留める奇岩である。兵庫県指定天然記念物 。
 image a16
 半島の先端まで【杣道】が通じて行くことが出来る。「猫崎半島冠略図」 
 image a15
 光達距離;18海里 ・ 高さ;地上から  9m ・ 水面から 43m
 image a8
 「猫崎半島」は猫の寝姿に似ている事から名付けられたと聞くが・・・・似てるかな?  
 image a9
 image a11
 image a10
            「竹野海水浴場」風景 
 image a34
 「北前館」は、竹野浜にある北前船をテーマとする資料館と温泉入浴施設を核とする複合施設。
 image a33
 image a33
 北前船千石船の1/5スケールの「天神丸」のほか資料多数展示。
天神丸 - 1988年建造、全長6.5m、全幅2.2m、帆柱高さ5.7m。毎年5月に開催される北前祭で航行する。
 竹野湾は但馬地方では「諸寄港」と並ぶ北前船の寄港地であった。 
 dc033102_20130401002018.jpg
 image a13
 image a12
            「猫崎半島」遠望と夕景 
 image a14
 dc040101.jpg
 海岸線沿いの道を進めば日和山海岸へ到達する
 image a17
 途中には切り立った崖の中腹に道路がある場所もありスリルもある。好天に恵まれると日本海の美しい景観が見られ、丸い地球を感じさせてくれる。
絶壁の続くこの地域は船と歩道しかなかったようだが、1962年に道路が完成し陸の孤島から脱却した。当初は有料道路だったが、1995年に無料開放された。難工事の為当時の兵庫県知事が自衛隊の協力を要請し完成したとの事である。
 image a18
           「日和山公園」仮設「龍宮城」望む
 image a22.
 image a19
 image a24
 image a20
 
  「城崎マリーンワールド」
 image a36
 image a44
            マリン・ワールド館内へ
 image a40
            「カクレクマノミ」水槽
 鮮やかな体色をしており大型イソギンチャクとの共生、性転換等の変わった特徴を多く持つ魚で、鑑賞用に飼育されることも多い。
 image い
 image あ
            その他の「クマノミ」大凡25種類いる
 image a42
            「カキノハ鯛」と「ボラ」
 image a43
 
 image a45
            セイウチのゴツイ顔
 image a38
 image a39
 dc040409.jpg
            マリン・ワールドお決まりの「イルカショウ」
 館を出ると日本海の景観が広がります。
 
image a41
            公園内風景・あちこち 
 龍宮城写真いろいろ・・・
 image a25
 image a30
 image a28
 image a29
 image a31
 image a32
 昼夜の気温差の大きくなる季節に為ると天気の良いひの早朝、豊岡に流れる「円山川」に発生した朝きりが日本海に流れて公園を一見「水墨画」の世界に換える。
 
 竜宮城の建設は昭和25年、海岸から700mの所にあり、周囲500mの島である。 3つの島からなっているが一つの島に海岸からは見える。島の名は『後か島』で浦島太郎がここで玉手箱を開けたと伝承がある。此処より東方の丹後半島に「浦島太郎」伝説の本場がある、続編で詳しく綴る予定です。
 image a27
 dc040101.jpg
            公園より東方を望む海岸線風景
 image b1
            城崎マリンワールドを後にし東に向かうと 
 image b4
            津居山湾に至る            
 image b6
 image b7
 津居山湾の東西先端には「猿ヶ城灯台」(西)「捨ヶ鼻灯台」があり航行の安全を照らしている
 image b3
 津居山湾は豊岡盆地を流れる円山川;(兵庫県中部朝来市生野町円山(標高641.1m)に源を発して北流する川で途中養父市、豊岡市を流れ、豊岡市北部で津居山湾に流れている)の河口にあり湾口に津居山港がある
 image b5
 image b2
 image b14
 津居山港は「松葉ガニ」の本場で漁獲量も多く近隣の「城崎温泉の台所」と言われている。
 image b9
 豊岡盆地は湿地帯も多く2012年(平成24年)「円山川下流域・周辺水田」がラムサール条約に登録されている。ラムサール条約とは:特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地およびその動植物の保全を促進することを目的とする条約である。ご存知の通り豊岡市円山川水系は絶滅危惧種「コウノトリ」の人口繁殖地として有名である。
 image b11
 image b10
             円山川水系で遊ぶ「コウノトリ」                    
 image b12
 円山川は京都府北部を流れる由良川と並び鮎の漁場として有名である。陶芸家・美食家として知られる北大路魯山人は両川の鮎を絶賛し自ら腕を振るった「星岡茶屋」で此処の鮎を食材にしたと云われている。当時は天然遡上の稚鮎が多かったが年々減少し稚鮎の放流をする様になった。
 image b13
             稚鮎放流風景                                  
 『城崎温泉』 
 津居山港から車で10分程走ると城崎温泉街の入り口に着く。
 image b24 ロープウェイで見る城崎温泉街の遠望・山並みの麓の川が円山川
 
image え
 大師山に設置された「城崎温泉ロープウェイ」(全長676m)は、温泉寺のある中間駅を経由して山頂駅まで延びる
 dc041319.jpg
 image b15
 image b25
 温泉街の中に川が流れ両岸の柳並木は温泉情緒を盛り立てるに相応しい絵造りをしている様だ。
 
 image 23
            志賀直哉の病後治療で逗留した「三木屋旅館」
 城崎と言えば志賀直哉が思い浮かぶ。1913年(大正2年)8月に里見弴と芝浦へ涼みに行き、素人相撲を見て帰る途中、線路の側を歩いていて山手線の電車に後からはね飛ばされ重傷を負い東京病院に暫く入院して助かった、夏目漱石の奨めで療養のため城崎温泉「三木屋」という旅館逗留する。そこで書いたのが彼を有名にした「城崎にて」の名作である。その後は松江や京都など各地を点々とし、その間に「暗夜航路」の構想を練ったと言われている。

 「七つの外湯巡り」
 1400年余の歴史を持つ城崎温泉は外湯を中心に栄えていました。外湯はそれぞれ守護脇神をもち、7つの外湯で七福を招くとされています。一般入浴が出来る、城崎温泉に宿泊した場合、ほとんどの宿では、外湯の無料入浴券をもらえるとの事。
 
城崎温泉の効能書

 泉質名 ナトリウム・カルシウム-塩化物高温泉 低張性、中性、高温泉

(1)浴用の適応症 :神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻ヒ・関節のこわばり・うちみ・くじき・  慢性消化器病・痔疾・冷え性・病後回復期・疲労回復・健康増進・きりきず・やけど・慢性皮膚病・   虚弱児童・慢性婦人病
(2)飲用の適応症 慢性消化器病  慢性便秘

 image b16
 「御所の湯」美人の湯 ・守護脇神:火伏防災・良縁成就  料金 大人800円 小人400円 
 image b17
 「さとの湯」 
 image b18
 「地蔵湯」衆生救いの湯  ・守護脇神:家内安全・水子供養  料金  大人600円 小人300円
 image b21
 「まんだら湯」一生一願の湯 ・守護脇神:商売繁盛・五穀豊穣  料金 大人600円 小人300円
 image b22
 「鴻の湯」しあわせを招く湯 ・守護脇神:夫婦円満・不老長寿  料金 大人600円 300円小人
 image b20
 「一の湯」開運招福の湯  ・守護脇神:合格祈願・交通安全  料金 大人600円 小人300円
 image b19
 「柳湯」子授の湯  ・守護脇神:子授け安産  料金 大人600円 小人300円

 城崎温泉街を後にして円山川の橋を東に向かうと其処は京都府、丹後半島に向かいます。少々お待ち下さい。

                        兵庫編 「完」         
 
               
 
スポンサーサイト
プロフィール

ひげ爺 良兵衛

Author:ひげ爺 良兵衛
ひげ爺のブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
ブロとも一覧

ライフスタイル向上のすすめ

バックスクリーン三連発

地球の上で 〜人と生きるということ〜

心に風が吹くとき

本も映画も文具も、いいものはいい!

勇者フランツ

大きな声が出せないボイスカウンセラーブログ!!

ghost mail

ゼロから始める楽しい登山―初心者でも登山を10倍楽しむ方法を公開!!―

グローバルアジアん

写真とか小説(オリジナル)とかそのほか色々

オヤジの食卓

kbrkのつぶやき

k-good music world

One to Go

わくわく株式投資

しまじろうアニメの検証と考察

伊織のブログ

八十八(無職男・42日間歩き遍路旅からの人生)

宮廷アリス

Welcome to my thought♪~私の思想へようこそ♪~

QWERT 5w1h

おきらく道場

オンラインスロットプロ

Poem Spice-久遠の詩-

悩み解決!常識を捨てれば全てうまくいく

”さぶ”の独り言

★ Supaku Blog ★

素敵な人生(にゃんこ先生がお届け)

torara(°∀°)blog

MacとWindows:パソコン買取屋ブログ

勝ち組の日経225

思考停止状態から抜け出す為には、知識を行動を通して経験に換え、自己肯定できるマインドを持つ必要があります。

夕子、西成区、花園町在住 の続篇・・・。                     『 制服と割烹着(夕子と昌幸・青春篇) 』  
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR