スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四国撮り歩記  霊場八十八ヶ所巡礼の旅:阿波徳島編  第十六番霊場

  第十六番札所観音寺に向う。距離大凡2、2Km。

 imagek1_201404170004170bb.jpg

          第十六番札所 光耀山 観音寺 千手院 
 imagek3_2014041700044181b.jpg
 imagek2_20140417000429be3.jpg
                山          門       
 conv201404120004のコピー
                扁          額
 imagek4_20140417000452ab1.jpg
 imagek5_20140417114141e36.jpg
                本          堂
 鐘楼門を潜ると正面に本堂がある。右に太子堂・左に納経所がある。上記2枚の本堂写真は2004年10月11日にひげ爺が撮影した。その後2006年4月に改築竣工された。以下が新装為った本堂である。
 imagek9_201404171152442d6.jpg
 imagek10_201404171152553eb.jpg
 新装為った本堂写真は借り物。
 imagek6_20140417115902dcf.jpg
                太     子     堂
 conv201404150003のコピー
         修   業   太   子  像
 imagek7_20140417115916f02.jpg
                水  子  供  養  地  蔵
 conv201404120002のコピー
                夜  鳴  き  地  蔵  尊
 この地蔵尊は子供の夜泣きに御利益があるとされる。御利益を頂き願いが叶うと、お礼に赤いよだれかけを地蔵に奉納するのが習わしとなっている。

 imagek8_20140417115927cd9.jpg
                手     水     場
 conv201404120003のコピー
                吐     水     龍

 conv201404150001のコピー
                納     経     所 
 imagek11
         御     朱     印

 参拝を終えて、御朱印を戴き第十七番 井戸寺に向かう・・・合掌


★ 本尊:千手観世音菩薩★(伝;弘法大師作)   ★ 開基:弘法大師
★ 本尊の真言:おん、 ばさら、 たらま 、きりく

★伝とは;伝承の意で古くからその様に伝えられているとの意味である。確証が無く○○らしいと解釈すべきかな?和歌等でも伝西行歌などと使われる。 

『略縁起』
 聖武天皇第四十五代が諸国に命じて、国分寺、国分尼寺を創立させたのと同年の天平13年(741年)、同じく聖武天皇の勅願道場として創立。その後、弘仁7年(816年)に弘法大師がこの地を訪れ、等身大の千手観世音菩薩を刻んで本尊としして開基。大師はさらに鎮護国家のためにと毘沙門天を、そして悪魔降伏の意を含めて不動明王を自刻して安置した。、両脇侍に不動明王と毘沙門天を安置した。これは観音菩薩の功徳と不動明王の威力、毘沙門天の授福にあやかるということで、焼山寺の三面大黒などと共通した様式。
 寺はその後、天正年間の長宗我部の兵火にかかって寺は焼失し、以後衰残の日々が長年月に及んだが万治二年(1659年)になって宥応法印が中興した。ただし、現在の堂塔は、阿波藩主蜂須賀光隆公の手によって再建立されたもの…。なお、この寺には弘法大師の御筆跡を刻印したと伝えられる★光明真言の印版を宝蔵してある。
 
★『光明真言』:
おん、 あぼきや、 べいろしゃのう、 まかぼだら、 まに、 はんどま、 じんばら、 はらばりたや、 うん


 ★ 『四国遍礼霊場記』 ;1689年(元禄2年)に発刊された四国巡礼案内記・著作(僧 寂本 (じゃくほん ))(翻訳・村上 護):(参考資料として転載)
 四国遍礼霊場記
 imagek12
 名東郡にある。空海が開いた名刹。丹塗りの壮麗な堂が軒を連ねている。本尊は高さ一丈六尺と立派で、本堂に安置されている。脇士は不動明王と毘沙門天。とはいえ、時は物を朽ちさせる。堂舎は壊れ、一宇として当初の姿を留めているものはない。茅に覆われた窓に夜の月は、あまりに明るく差し込んでいる。石段は、苔に覆われている。太守の蜂須賀光隆は信義ある人で、古き良き時代を引き継ぐことを望んだ。住持・宥雄は、寺の荒廃を訴えた。太守はすぐに請け負い、万治年中に寺を修復した。
 現在の堂から南に半町ばかり行くと、昔の大門の跡がある。東西には、昔の坊舎跡が多く残っている。本尊・両脇士が破損しているので近頃、村の鈴江氏が資材を抛ち修復して飾り、尊い姿を取り戻して威容を新たにした。
         
 
スポンサーサイト
プロフィール

ひげ爺 良兵衛

Author:ひげ爺 良兵衛
ひげ爺のブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
ブロとも一覧

ライフスタイル向上のすすめ

バックスクリーン三連発

地球の上で 〜人と生きるということ〜

心に風が吹くとき

本も映画も文具も、いいものはいい!

勇者フランツ

大きな声が出せないビューティ―ボイストレーナーブログ♪

ghost mail

ゼロから始める楽しい登山―初心者でも登山を10倍楽しむ方法を公開!!―

グローバルアジアん

写真とか小説(オリジナル)とかそのほか色々

オヤジの食卓

kbrkのつぶやき

One to Go

わくわく株式投資

しまじろうアニメの検証と考察

伊織のブログ

八十八(無職男・42日間歩き遍路旅からの人生)

宮廷アリス

Welcome to my thought♪~私の思想へようこそ♪~

QWERT 5w1h

おきらく道場

オンラインスロットプロ

Poem Spice-久遠の詩-

悩み解決!常識を捨てれば全てうまくいく

”さぶ”の独り言

★ Supaku Blog ★

素敵な人生(にゃんこ先生がお届け)

torara(°∀°)blog

MacとWindows:パソコン買取屋ブログ

勝ち組の日経225

夕子、西成区、花園町在住 の続篇・・・。                     『 制服と割烹着(夕子と昌幸・青春篇) 』  
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。