スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四国撮り歩記  霊場八十八ヶ所巡礼の旅:土佐高知編 三十二番霊場

  第三十二番札所;禅師峰寺に向かう。距離大凡8km。

 conv201408210007.jpg

 imagez1.jpg
 駐車場で大きな「十一面観世音菩薩像」 が巡礼・参詣の皆さんを迎えてくれる。右側参道。
 conv201408280002のコピー

       第三十二番札所 八葉山 禅師峰寺 求聞持院
 imagez4.jpg
                山           門 
 仁王門ではあるが金剛力士像(鎌倉時代、仏師定明の作)は山門には無く収蔵庫に移されている。国の重要文化財に指定。
 imagez3
 山門右側。「南無峯寺(みねんじ・みねじ)不動明王」の幟脇の奇岩の前に不動明王像が見える。南無峰寺(みねんじ、みねじ)と地元では呼ばれているらしい。
 山門を潜ると右手に不動明王像がある。
 imagez5
               不  動  明  王  像 
 conv201408300004.jpg
 imagez21.jpg
               本堂へ続く奇岩と石段 
 古代にはこの辺は海底だったとの説があるが納得がいく景色である。 

 石段を上り詰めると境内に出ると右手に鐘楼があり正面奥に本堂が建ち、本堂左手に大師堂があり、その左には地蔵堂、阿弥陀堂がある。
 imagez15.jpg
               鐘           楼
 
 imagez6
               本            堂 
 本堂は入母屋造りで、 銅板葺きの屋根。左側には大師堂。
 imagez11.jpg
               本   堂   内   陣
 本尊の十一面観世音菩薩は土佐沖を航行する諸船の海上安全を祈願して祀られた。船霊観音とも呼ばれる。

 imagez8.jpg
               大     師     堂
 imagez10.jpg
               大  師  堂  内  陣
 imagez12.jpg
               地 蔵 堂 と 阿 弥 陀 堂
 imagez14.jpg
            子 安 地 蔵 尊 

 手水場・庫裏納経所は山門の外側にある。
 imagez22.jpg
              手     水     場 
 imagez23.jpg
              庫裏(本坊)と納経所
 imagez19.jpg
         御     朱     印
 
  無事参詣を終えて第33番札所 雪蹊寺に向かう・・・・・・合掌    11月1日午後3時55分

★ 本尊:十一面観世音菩薩(伝弘法太子作、国宝)  ☆  開基:行基菩薩
★ 本尊の真言:おん、まか、きゃろにきゃ、そわか

『略縁起』
 行基菩薩が聖武天皇(在位724~49年)から勅命をうけて、土佐沖を航行する船舶の安全を願って、堂宇を建てたのが起源とされている。のち、大同2年??、奇岩霊石が立ち並ぶ境内を訪れた弘法大師は、その姿を観音の浄土、仏道の理想の山とされる天竺・★補陀落山さながらの霊域であると感得し、ここで虚空蔵求聞持法の護摩を修法された。このとき自ら十一面観世音菩薩像を彫造して本尊とされ、「禅師峰寺」と名付け、また、峰山の山容が八葉の蓮台に似ていたことから「八葉山」と号した。
 以来、土佐初代藩主・山内一豊公はじめ歴代藩主の帰依をうけ、「船魂」の観音さんは今も一般の漁民たちの篤い信仰を集めている。


★補陀落:梵語のポータラカの訳語でインド南海岸にあると言われる観音様の住む所と言われる山のことである。
 補陀洛渡海(西方渡海)とは、一言で言えば、観音菩薩が居られるという南方・補陀洛浄土を目指して不帰の船出をすることで、“入水捨身による自殺行”である。今、浄土といえば阿弥陀如来が坐す西方・極楽浄土を指すが、大乗仏教によれば、この世の四方八方に浄土がありそれぞれ如来・菩薩が坐すとされ、そのひとつが観音の補陀洛浄土である。
★補陀洛山寺
   和歌山県東牟婁郡那智勝浦町築地
   本尊--千手観音菩薩
 仁徳天皇のころ、インドから那智に漂着した裸形上人開基との伝承をもつ古刹。 
 
 
  ★ 『四国遍礼霊場記』 ;1689年(元禄2年)に発刊された四国巡礼案内記・著作(僧 寂本 (じゃくほん ))(翻訳・村上 護):(参考資料として転載)
 
 imagez20.jpg
 清く幽玄の素晴らしい景色を愛でて、空海が寺を建てた。本尊を作ろうとしたとき、天から梵字のキャが降ってきたため、これを本尊とした。キャは十一面観音を象徴する文字である。
 中世には火災に遭ったが、火焔の中でもキャ字は損なうことなく残った。以後、秘蔵している。
 奥の院と称する所に、二つの龍穴がある。岩屋に毒蛇がいたので、空海が赴き座禅を組んで仏を思い浮かべると、毒蛇は逃げていった。空海は代わりに、持っていた数珠を置いた。今でも霊宝として残っている。
 山院寺号には訳があると聞く。由来を書いた紙の最後に、そこらの者が伝える歌も記されていたが、色々考えてみたが意味が解らなかった。だいたいにおいて、寺の唱歌は拙い言葉なので、拙い人が更に作り替えて様々に伝わるものだ。上手な人の口に載るものではないので、ますます採るに足らぬものになっていく。
 寺の前に御手洗と呼ばれる大きな池があるらしい。真念が調べ洩らしたので、どのような場所か分からない。
         
スポンサーサイト
プロフィール

ひげ爺 良兵衛

Author:ひげ爺 良兵衛
ひげ爺のブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
ブロとも一覧

ライフスタイル向上のすすめ

バックスクリーン三連発

地球の上で 〜人と生きるということ〜

心に風が吹くとき

本も映画も文具も、いいものはいい!

勇者フランツ

大きな声が出せないボイスカウンセラーブログ!!

ghost mail

ゼロから始める楽しい登山―初心者でも登山を10倍楽しむ方法を公開!!―

グローバルアジアん

写真とか小説(オリジナル)とかそのほか色々

オヤジの食卓

kbrkのつぶやき

One to Go

わくわく株式投資

しまじろうアニメの検証と考察

伊織のブログ

八十八(無職男・42日間歩き遍路旅からの人生)

宮廷アリス

Welcome to my thought♪~私の思想へようこそ♪~

QWERT 5w1h

おきらく道場

オンラインスロットプロ

Poem Spice-久遠の詩-

悩み解決!常識を捨てれば全てうまくいく

”さぶ”の独り言

★ Supaku Blog ★

素敵な人生(にゃんこ先生がお届け)

torara(°∀°)blog

MacとWindows:パソコン買取屋ブログ

勝ち組の日経225

思考停止状態から抜け出す為には、知識を行動を通して経験に換え、自己肯定できるマインドを持つ必要があります。

夕子、西成区、花園町在住 の続篇・・・。                     『 制服と割烹着(夕子と昌幸・青春篇) 』  
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。