スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四国撮り歩記  霊場八十八ヶ所巡礼の旅:伊予愛媛編    43番霊場

 
 疑問はさて置き:
第四十三番札所 明石寺に向かう大凡15km。
 
 imagem1.jpg
 
           第四十三番札所:源光山 明石寺 円手院
 
 imagem2.jpg

 駐車場から続く長い石段の参道を登り切ると山門(仁王門)前の広場に出る。
 
 imagem4
                 山   門   前   広    場
 
 山門の左に手水場があり正面に庫裏・納経所が建つ。
 
 imagem12_20141026224649169.jpg
 
 山門右手奥に2~3分咲か今年初めて見る桜が咲いている、手前はモクレン。
 
 imagem5
                 手   水   場   山門左
 
 imagem3.jpg
 imagem13.jpg
                 山         門 (仁王門) 
 conv201410250009のコピー
 conv201410250008のコピー
            「阿吽」 仁   王   像

 山門を潜ると右手に地蔵堂があり、さらに石段を数段上がると正面に本堂が建つ。その右側に大師堂と鐘楼がある。
 
 imagem6
 imagem7
 imagem8
                 本            堂
 imagem11
 imagem10
                 本 堂 外 陣 の 天 井 絵
 imagem9
                 本    堂    内    陣
 当時は四国霊場には珍しく天台宗の寺である。天台宗の霊場は他に76番金倉寺・82番根香寺・87番長尾寺の4ヶ寺。
他の宗派は臨済宗で11番藤井寺・33番雪蹊寺。曹洞宗で15番国分寺。時宗で78番郷照寺合わせて8ヶ寺。あとの80ヶ寺は宗派は異なるが総て真言宗である。
 
 imagem14.jpg
                 大      師      堂
 conv201410250005のコピー
            大  師  堂  内  陣
 
 conv201410240009のコピー
                 仏      足      跡
仏陀(釈迦)の足裏の形を石に刻したもの。インドの初期仏教では直接仏像を作ることを恐れ、台座や足跡などで象徴し礼拝した。その名残として今に残っている。
 conv201410270003.jpg
 
 大師堂前に鐘楼、山門寄りに納経所と向かい合うように延命地蔵堂がある。
 
 imagem16.jpg
                 鐘            楼
 conv201410270004のコピー
          近くの  夫  婦  杉
 imagem15.jpg
                 延  命  地  蔵  堂  
 imagem17.jpg
                 庫 裏・納   経   所 
 imagem18.jpg
            御    朱    印 
 imagem20.jpg
                 弘   法   井   戸  山門手前を左に行く・・・。
 
 
 無事参詣を終えて第44番札所 大宝寺に向かう・・・・・・合掌    4月4日午前8時25分。
 
 
 【略縁起】
 欣明天皇(29代)の勅願により円手院正澄と言う行者が開創したと伝えられている。のち、天平6年(734年)、役行者から数えて五代目にあたる寿元行者が、紀州熊野より十二社権現を勧請して十二坊を建立、修験道の中心道場となった。
後の弘仁13年(822年)、弘法大師が巡錫、嵯峨天皇の勅願により荒廃した伽藍を再興、43番札所に定められた。
建久5年(1194年)には源頼朝が命の恩人である★池の禅尼の菩提を弔うために一宇を建てたことから、それまでの現光山の山号を源光山に改めた。
【註】★池の禅尼は平清盛の父忠盛の後妻で清盛の継母に当たる、源氏敗戦後捕えられた頼朝兄弟の助命をするべく重盛を介して嘆願した。それが平家滅亡の一因でもあろう。
 
 この寺は四国霊場の本関所として人々に敬われている。
この寺の本来の名は「あげいしじ」ですが、現在は「めいせきじ」と呼ばれていて、土地の古老たちは親しみを込めて「あげいしさん」、または「あげしさん」と呼んでいるそうだ。
それは、若く美しい女神が願をかけ、深夜に大石を山に運ぶうち、夜明けに驚き消え去った・・・、という話を詠った御詠歌の「軽くあげ石」からついたと伝えられている。
御詠歌: きくならく 千手ふしぎの ちかいには だいばんじゃくも かろくあげいし
 
 
 ☆  本尊:千手観音菩薩   ☆  開基:正澄上人
 ☆  本尊の真言:おん、ばさら、たらま、きりく
 

 
 
 ★ 『四国遍礼霊場記』 ;1689年(元禄2年)に発刊された四国巡礼案内記・著作(僧 寂本 (じゃくほん ))(翻訳・村上 護):(参考資料として転載)
 
 imagem19.jpg
 
 本尊は高さ三尺の千手観音像で、二十八部衆が並んでいる。これらは空海の作。右に鎮守の熊野十二所権現、伴社もある。前には二王門の傍らに籠所を構えている。左の山の上に薬師堂、南の山の麓には地蔵堂がある。門を入ると白王権現石と呼ばれるものがある。籬で囲っている。この神石によって、明石寺と呼ばれている。村の名前も、これから来ている。地元では、「あげいし」と読んでいる。現在住んでいる人は僧侶ではなく、修験者だという。
 
スポンサーサイト
プロフィール

ひげ爺 良兵衛

Author:ひげ爺 良兵衛
ひげ爺のブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
ブロとも一覧

ライフスタイル向上のすすめ

バックスクリーン三連発

地球の上で 〜人と生きるということ〜

心に風が吹くとき

本も映画も文具も、いいものはいい!

勇者フランツ

大きな声が出せないビューティ―ボイストレーナーブログ♪

ghost mail

ゼロから始める楽しい登山―初心者でも登山を10倍楽しむ方法を公開!!―

グローバルアジアん

写真とか小説(オリジナル)とかそのほか色々

オヤジの食卓

kbrkのつぶやき

One to Go

わくわく株式投資

しまじろうアニメの検証と考察

伊織のブログ

八十八(無職男・42日間歩き遍路旅からの人生)

宮廷アリス

Welcome to my thought♪~私の思想へようこそ♪~

QWERT 5w1h

おきらく道場

オンラインスロットプロ

Poem Spice-久遠の詩-

悩み解決!常識を捨てれば全てうまくいく

”さぶ”の独り言

★ Supaku Blog ★

素敵な人生(にゃんこ先生がお届け)

torara(°∀°)blog

MacとWindows:パソコン買取屋ブログ

勝ち組の日経225

夕子、西成区、花園町在住 の続篇・・・。                     『 制服と割烹着(夕子と昌幸・青春篇) 』  
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。