スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四国撮り歩記  霊場八十八ヶ所巡礼の旅:愛媛編  47番霊場

 
 第四十七番札所:八坂寺に向かう大凡1km。

 imagej1_20141218151235010.jpg


            第四十七番札所:熊野山 八坂寺
 
 imagey17.jpg
                 山            門
 山門は極楽橋と呼ばれる屋根付きの橋のようになった単層小型の門で、天井には天女の絵が描かれている。文武天皇の勅願寺なので「菊の御紋章」が刻まれている。
 五分咲き程度の桜が咲いていた。
 imagey20.jpg
 朱塗りの欄干、天井には色彩豊かな天井画は、極楽浄土を思わせる雰囲気である。
 conv201501080011のコピー
          「天 女」 の 天井絵  

山門をくぐると右に手水場と庫裏・納経所。
 imagey.jpg
                 境   内   風   景
 imagey22.jpg
                 納 経 所 ・ 庫  裏 ⇒ 
 imagey14.jpg
                 手    水    場 (納経所前)
 imagey13.jpg
                 納  経  所・庫  裏
 左に宝篋印塔が、その先に鐘楼がある。
 imagey21.jpg
 桜の咲く庫裏前に宝篋印塔(ほうきょういんとう・松山市指定有形文化財)がある。朝鮮半島の影響を受けたもので、死者の菩提を弔らう石塔である。
 imagey15.jpg
                 鐘            楼

 正面奥に本堂が建ち左に大師堂がある。本堂と大師堂の間に閻魔堂がある。
 imagey5.jpg
 imagey4.jpg
                 本            堂
 imagey6.jpg
 imagey7.jpg
                 本   堂   内   陣
 ご本尊:阿弥陀如来。本堂の地下室には、全国の信者から奉納された阿弥陀尊が約8,000祀られている。
 imagey10.jpg
 imagey11.jpg
 imagey12.jpg
                 奉納された「阿弥陀仏像」
 imagey8.jpg
                 太      子      堂
 imagey9.jpg
                 太   子   堂   内陣
 太子堂の五鈷杵(ごこしょ)は御手綱(みてずな)でお大師さまと結ばれている。五鈷杵に触れるとお大師さまと深い縁で結ばれるそうな。
 conv201501070008のコピー
                 中央の 大  師  座 像 

 imagey16.jpg
                 閻      魔      堂
 本堂と太子堂の間にある。
 imagey24
 「極楽への途」「地獄への途」があり、美しい極楽浄土と凄惨な地獄の絵が描かれている。
 imagey25
 imagey26
 美しい浄土を描いた「極楽の途」と修羅道などを描いた「地獄の途」があり、地獄から入って極楽から出ると極楽浄土へ行けると言われている…そうだ。

 大方の参拝を終え再び納経所に戻り御朱印を戴く。
 imagey13.jpg
 imagey19.jpg
          御    朱    印



 無事参詣を終えて第48番札所 西林寺に向かう・・・・・・・合掌    4月4日午前15時10分

  

【略縁起】
 役行者小角が開基した寺で、ご本尊は恵心僧都の作といわれている。
大宝元年(701年)、文武天皇の勅願により伊予守玉興公が創建したと伝えられている。
伽藍を建立するに当たり、八ヶ所の坂道を切り開き道路を作って創建したので、八坂寺の寺号がつけられた。
その後、紀州の熊野権現及び十二社権現を奉祀、修験道の根本道場として現在の熊野山八坂寺となった。
弘仁6年(815年)、弘法大師が留錫して堂宇を整備して再興、札所と定められた。
それらの堂塔も、天正の兵火にかかり焼失したが、その都度再建されている。
 ★  本尊:阿弥陀如来(伝 恵心僧部作)   ☆  開基:役行者小角
 ★  本尊の真言:おん、あみりた、ていせい、からうん







 ★ 四国遍礼霊場記 ;1689年(元禄2年)に発刊された四国巡礼案内記・著作(僧 寂本 (じゃくほん ))(翻訳・村上 護)
   (参考資料として)
 imagea_20150112225621e8e.jpg
 浮穴郡八坂村にある。本堂にある阿弥陀如来像は恵心の作だという。これから考えると、寺が荒廃した時代は、恵心以前に遡る。廃れて本尊が破損もしくは失われていなければ、恵心が本尊を新調したりしないだろうから。空海の事跡は伝わっていない。恵心僧都は空海の死後二百年ほど経った時代の人だ。昔の本尊は、失われてしまったのだろう。現在でも、行うべき催事を、復旧できていないようだ。古い堂に清らかな風が凄まじく吹き付け、石段は苔に覆われている。
 
 
スポンサーサイト
プロフィール

ひげ爺 良兵衛

Author:ひげ爺 良兵衛
ひげ爺のブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
ブロとも一覧

ライフスタイル向上のすすめ

バックスクリーン三連発

地球の上で 〜人と生きるということ〜

心に風が吹くとき

本も映画も文具も、いいものはいい!

勇者フランツ

大きな声が出せないボイストレーナーブログ♪

ghost mail

ゼロから始める楽しい登山―初心者でも登山を10倍楽しむ方法を公開!!―

グローバルアジアん

写真とか小説(オリジナル)とかそのほか色々

オヤジの食卓

kbrkのつぶやき

One to Go

わくわく株式投資

しまじろうアニメの検証と考察

伊織のブログ

八十八(無職男・42日間歩き遍路旅からの人生)

宮廷アリス

Welcome to my thought♪~私の思想へようこそ♪~

QWERT 5w1h

おきらく道場

オンラインスロットプロ

Poem Spice-久遠の詩-

悩み解決!常識を捨てれば全てうまくいく

”さぶ”の独り言

★ Supaku Blog ★

素敵な人生(にゃんこ先生がお届け)

torara(°∀°)blog

MacとWindows:パソコン買取屋ブログ

勝ち組の日経225

夕子、西成区、花園町在住 の続篇・・・。                     『 制服と割烹着(夕子と昌幸・青春篇) 』  
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。