スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歩キング日記    小さな春を探しに  3月29日

 26~7日続けて辻子谷ハイキングコースを歩キングした所為か27日夕食後クシャミと鼻水に襲われた。
花粉症は突然に遣ってくるそうだからとうとう花粉症にと案じたが昨暮れ処方して貰った風邪薬の残りを飲み早寝したら翌朝には可也回復したが安全を期して歩キング中止で終日TVのお守り。

『3月29日』
 天気も良し、体調も万全撮り残しの地蔵尊達を完成させるべく★興法寺へ向け出発。am10:00。

 dc033016.jpg

 dc033014.jpg
                       本格的な山登りの開始
 dc033018.jpg

 dc033019.jpg
⑳ 
 dc033020.jpg
(21)
 dc033021.jpg
(22)
 dc033022.jpg
(23)
 dc033023.jpg
(24)
 dc033024.jpg
(25)
 dc033027.jpg
(26)
 dc033028.jpg
(27)
 dc033030.jpg
(28)
 dc033031.jpg
(29)
 dc033032.jpg
(30)
 dc033033.jpg
(31)
 dc033034.jpg
(32)
 dc033035.jpg
(33)
 dc033036.jpg
(34)
 dc033037.jpg
(35)
 dc033038.jpg
(36)
 dc033039.jpg
(37) 
 dc033040.jpg
(38)
 dc033041.jpg
(39)
 dc033042.jpg
(40)
 dc033067.jpg
(41)
 dc033043.jpg
(42)  弘法大師氷室瀧と石塔にある。太子が修業の場と言われている。何故か入場禁止になっている。
 dc033044.jpg
(43)
 dc033045.jpg
(44)
 dc033046.jpg
(45)
 dc033047.jpg
(46)
 dc033048.jpg
(47)
 dc033049.jpg
(48)
 dc033050.jpg
(49)
 dc033051.jpg
(50)
 dc033052.jpg
(51)
 dc033054.jpg
               大鳥居 大霊歓喜天 鷲尾山 興法寺 と石塔にある
 dc033057.jpg
                       境  内  風  景
 dc033061.jpg
   護摩堂:ご本尊烏瑟娑摩(とくすま)明王 両脇に二大明王を従えて
         dc033063.jpg
                       観 世 音 菩 薩
         dc033065.jpg
                      大 聖 不 動 明 王
 
 pm1:00家を出て凡そ3時間、今日は写真撮影の為可也ゆっくりのお参り。普段は約2時間の行程である。
護摩堂で一休みのあと★開経偈から般若心経、回向門文まで奉納し下山する。
 今まで巡った四国八十八ヵ所、小豆島八十八ヵ所、その他数々の寺には必ず地蔵尊が祀られているが歩キング行程の50数ヵ所の道端に時には藪の中に素朴な姿で祀られている『おじぞうさん』が一番安らぎを感じさせて呉れる。
一ヶ所毎に地蔵菩薩真言;おん、かかかび、さんまえい、そわか と唱えつつ帰宅する。pm3:00過ぎ。

★『略縁起』:
 舒明天皇の頃(629~41年)役行者小角が、堂宇を建立したのを開基とする。その後、元明天皇の頃(707~15年)行基菩薩が栴檀の香木により一刀三礼の千手観音像を刻み本尊とした。815年(弘仁6年)には弘法大師が当山で修行し、歓喜天像を安置、後勧修寺宮の院となり、朝廷より金剛乗院の称を賜った。
 南北朝時代には南朝方の城塞となり、貞和~観応年間(1345~52年)高師直に寺領を没収され、一山焼失、その後河内国守護となった畠山基国が1393年(明徳4年)に再建するも、応仁の乱で再び焼失した。
 永禄年間(1558~70年)大西丹後守が修復。江戸時代の寛永年間(1624~44年)亮汰が中興、1916年(大正5年)諸堂宇の大修理が行われ、現在に至っている。

★開経偈(かいぎょうげ);
 お勤めで上げるお経は 序分(じょぶん) 正宗分(しょうじゅうぶん) 流通分(るずうぶん)と大きく 3つに分けられます。この正宗分のはじめに読まれるのが開経偈で法要の中心部分です。釈尊の説かれた 教え(長いお経)をこれから戴くということで読まれるものです。これは、ほぼすべての宗派で読まれま す。

むじょうじんじんみみょうほう  ひゃくせんまんごうなんそうぐう
無上甚深微妙法         百千万劫難遭遇
がこんけんもんとくじゅじ    がんげにょらいしんじつぎ
我今見聞得受持         願解如来真実義

『現代語訳』
最高にして深遠な(仏陀が悟られ、説かれた)真理には、
どれほど生まれ変わり死に変わりしても巡り合うことは難しい。
しかし私はいま(仏教に)出会ってその教えに触れることが出来た。
願わくは仏陀の説かれた真理を体得せん。
    
★般若心経;

般若心経 (三蔵法師玄奘訳)

かんじざいぼさつ
観自在菩薩  [観音さまが、]
ぎょうじんはんにゃはらみったじ
行深般若波羅蜜多時  [彼岸に渡るため悟りにいたるための行を行う時、]
しょうけんごうんかいくう
照見五蘊皆空   [人間の心の感受し認識する五つの要素がすべて空であると考えて、]
どいっさいくやく
度一切苦厄  [私たちの一切の苦を救ってくださったのである。]
しゃりし
舎利子  [観音さまは舎利子に向かい、次のように述べた。舎利子よ、]
しきふいくう
色不異空  [ものがあっても、感じる心がなければ、ないことと同じであり、]
くうふいしき
空不異色  [ないということも、感じる心があれば、そのものはあるのと同じである。]
しきそくぜくう
色即是空  [だから、形あるものは、実はないものであると考えてよいし、]
くうそくぜしき
空即是色  [ないものと思うことも、実はあるものであると考えることもできる。]
じゅそうぎょうしき
受想行識  [色以外の残りの、心の四つの働きについても、]
やくぶにょぜ
亦復如是  [まったく同じことなのである。]
しゃりし
舎利子  [舎利子よ、]
ぜしょほうくうそう
是諸法空想  [この諸々の法は、実体がない、ということであるから、]
ふしょうふめつ
不生不滅  [もともと、生じたということもなく、滅したということもなく、]
ふくふじょう
不垢不浄  [よごれたものでもなく、浄らかなものでもなく、]
ふぞうふげん
不増不減  [増えることもなく、減ることもないのである。]
ぜこくうちゅうむしき
是故空中無色  [したがって、実体がないということの中には、形あるものはなく、]
むじゅそうぎょうしき
無受想行識  [感覚も想うことも意志も認識もないし、]
むげんにびぜつしんい
無眼耳鼻舌身意  [眼・耳・鼻・舌・身体・心といった感覚器官もないし、]
むしきしょうこうみそくほう
無色声香味触法  [形・音・香・味・触覚・心の対象、といったそれぞれの器官に対する対象もないし、]
むげんかいないしむいしきかい
無眼界乃至無意識界  [ものがないから見る世界もない。意識する世界もないのである。]
むむみょう
無無明  [我々の心に迷いがいっぱいという無明が無いとするなら、]
やくむむみょうじん
亦無無明尽  [無明を無くしつくすことになる。]
ないしむろうし
乃至無老死  [無明がなくなれば、行もなくなり、識もなくなり、名色も
             なくなり、ついには老と死もなくなり]
やくむろうしじん
亦無老死尽  [老と死がつきることになる。]
むくしゅうめつどう
無苦集滅道  [苦しみも、その原因も、それをなくすことも、そしてその方法もない。]
むちやくむとく
無知亦無得  [知ることもなければ、得ることもない。]
いむしょとくこ
以無所得故  [かくて、得ることもないのだ。]
ぼだいさった
菩提薩垂  [菩薩になるため菩薩行を一生懸命つみ、]
えはんにゃはらみったこ
依般若波羅蜜多故  [般若の智慧を体得できたならば、]
しんむけいげ
心無圭礙   [すべての不安や畏れから解放されて、]
むけいげこ
無圭礙故 [心にこだわりを持たなくなるから、]
むうくふ
無有恐怖      [何ものも恐れなくなる。]
おんりいっさいてんどうむそう
遠離一切転倒夢想  [ものごとを逆さにみる誤った考え方から遠ざかり、]
くきょうねはん
究境涅槃  [永遠にしずかな境地に安住しているのである。]
さんぜしょぶつ
三世諸仏  [過去・現在・未来にわたる(正しく目覚めたものたち)は]
えはんにゃはらみつたこ
依般若波羅蜜多故  [知恵を完成することによっているので、]
とくあのくたらさんみゃくさんぼだい
得阿耨多羅三藐三菩提  [この上なき悟りを得るのである。]
こち
故知  [したがって]
はんにゃはらみった
般若波羅蜜多  [悟りに至る行は]
ぜだいじんしゅ
是大神呪  [大神呪であり、]
ぜだいみょうしゅ
是大明呪  [大明呪であり、]
ぜむじょうしゅ
是無上呪  [無上呪であり、]
ぜむとうどうしゅ
是無等等呪  [比較するものがない最上の呪文なのである。]
のうじょいっさいく
能除一切苦  [これこそが、あらゆる苦しみを除き、]
しんじつふこ
真実不虚  [真実そのものなのである。]
こせつはんにゃはらみつたしゅ
故説般若波羅蜜多呪  [そこで最後に、知恵の完成の真言を述べよう。]
そくせつしゅわつ
即説呪曰  [すなわち次のような真言である。]
ぎゃていぎゃていはらぎゃてい
羯帝羯帝波羅羯帝 [往け、往け、]
はらそうぎゃてい
波羅僧羯帝  [彼の岸へ。]
ぼじ
菩提  [いざともに渡らん、]
そわか
僧莎訶  [幸いなるかな。]
はんにゃしんぎょう
般若心経  [知恵の完成についてのもっとも肝要なものを説ける経典。]

『 瀬戸内寂聴さんの仏教講話参考』

★回向文:

願わくは此の功徳を以[もっ]て、
普[あまね]く一切に及ぼし、
我等[われら]と衆生[しゅじょう]と、
皆共に仏道を成[じょう]ぜん(ことを)。

願以此功徳 [がんにしくどく]
普及於一切 [ふぎゅうおいっさい]
我等与衆生 [がとうよしゅじょう]
皆共成仏道 [かいぐじょうぶつどう]

『奉納四国八十八ヶ所参照』











                        
スポンサーサイト

歩キング日記    小さな春を探しに  3月27日

  『3月27日』 晴

 午前中花壇の手入れ。
 pm2:00辻子谷ハイキングコースに向かう、昨日の地蔵さんの撮り足しに。

 dc032701.jpg
⑧番地目蔵尊
 dc032703.jpg
⑨番地目蔵尊
 dc032707.jpg
 小樹ながら桜が満開。野良仕事の小父さんの話では、これは『さくらんぼの桜、普通より早く咲く』とのこと。
 dc032708.jpg
⑩番地目蔵尊
 dc032709.jpg
⑪番地目蔵尊
dc032710.jpg
                    通称『水車小屋休憩所』花は桃
 dc032713.jpg
                       3年前に造られた水車
 dc032716.jpg
⑫番地目蔵尊
 dc032718.jpg
⑬番地目蔵尊
 dc032714.jpg
⑭番地目蔵尊
dc032720.jpg
⑮番地目蔵尊
dc032726.jpg
⑯番地目蔵尊
 dc032722.jpg
⑰番地目蔵尊

 もう少し登ると本格的な山道になる。次回は興法寺まで。
帰宅pm4:30分。

歩キング日記    小さな春を探しに  3月26日

 『3月26日』 午前晴 午後不順 晴れたり曇ったり時にポツリポツリ

 今日は旧R170号線の裏道を通り石切神社参道を抜けて辻子谷ハイキングコースに出る予定でpm2:00出発。

 コピー ~ 春を探して 016
             石切神社拝殿 お百度詣での信者さん月曜の所為か少ない
 dc132602.jpg
                        参  道  風  景
 dc132603.jpg
                        石 切 不 動 尊
 dc132605.jpg
                        石  切  大  仏 
 dc132606.jpg
               光堂千手寺 弘法大師、在原業平、所縁の寺とある
 dc132608.jpg
                  今日の初めての春 桃の花がもう直ぐ咲きそう
 ここから辻子谷ハイキングコースに入る。
 P3225663.jpg
①番地目蔵尊
 dc132609.jpg
②番地目蔵尊
 少し登って石切神社上の宮に寄り道。
 dc132610.jpg
                  石 切 神 社 上 の 宮の大鳥居
 dc132611.jpg
                      石 切 夢 観 音 堂
 dc132612.jpg
                      上 の 宮 の 拝 殿
 dc132615.jpg

 dc132616.jpg
③番地目蔵尊 
 dc132617.jpg
④番地目蔵尊 
 dc132618.jpg
⑤番地目蔵尊
 dc132619.jpg
⑥番地目蔵尊
 dc132621.jpg
⑦番地目蔵尊
 dc132622.jpg
                        可也の傾斜の道が続く
 dc132623.jpg
 dc132624.jpg
                        桃の花が3部咲き
 カメラのバッテリーが尽きる、写真はこれまで!。家に着いたのがPM5:10分。


                        (3月26日 完)

歩キング日記    小さな春を探しに  3月25日

 『3月24日』 雨
 歩くキング中止。
 家でストレッチ、股割り等、2kg鉄アレイ1時間5kg20分の訓練。

 『3月25日』 晴のち曇り 風強い

  午前中は晴れてはいたが可也の強風。
 春一番は春の彼岸までに吹く暖かい南風のことを呼ぶそうだが今日の風は北西で可也冷たい、冬型気圧配 置の所為かな?
 風が多少収まった午後歩くキング開始。第二コースを選択する。

 
 コピー ~ 春を探して 001
①               地蔵尊;おん かかかび さんまえい そわか  
 コピー ~ 春を探して 003
②                   日下公園;春にはまだ浅い
 コピー ~ 春を探して 005
③                       石  切  大  仏
 コピー ~ 春を探して 007
④                        東 石 切 公 園 
 コピー ~ 春を探して 011
⑤                        某さんちの春
 コピー ~ 春を探して 010
⑥某さん家族で鉢物の植付け中、撮影を頼むと快くOK。春の盛りには素晴しいガーデニングになるおいおい紹介する。
 コピー ~ 春を探して 015
⑦                          石 切 神 社
 コピー ~ 春を探して 018
⑧                       石 切 藤 地 蔵 尊 

 今日は阪神とマリナーズのTV中継pm4:30あり、急いで帰る。

                        (完)

歩キング日記    小さな春を探しに  3月23日

『3月23日』 雨 

 雨の為歩くキング中止。
家でストレッチ、股割り等、鉄アレイ1時間の訓練。
 あまり芸が無いので去年の花壇の花とオッカナイがベランダで造った花等を少々掲載。

 ☆ オッカナイの力作:
 dc060441.jpg
①                      クジャクサボテン(赤)
 dc060424.jpg
②                      クジャクサボテン(白)
 ☆ 去年の花壇:

 sikoku b200902260230
③                       花いろいろ(鉢物)
 sikoku b200902260240
④                       変わりチュウリップ(赤)
 sikoku b200902260243
⑤                       変わりチュウリップ(白)
               
                            (完)

歩キング日記    小さな春を探しに  3月22日

 『3月22日』 晴のち曇り

 歩くキング開始、マンションをAM10;30をスタート、生駒山麓に向かって直進小林公園を左に見て約15分右に5階建てのマンションがある交差点にでる。直進は近鉄電鉄生駒難波線の石切駅方面(第一コース)左は府立日進高校、右へは石切大仏に向かう(第二コース)。
今日は第一コースを採り枚岡梅林まで行くことにした。
 途中小林公園の上方で道路工事の為迂回路を余儀なくされる、その途中撮ったのが写真①である。
 P3225662.jpg                   
 ①                      屋敷内の満開の梅
近鉄の線路より上まで登り線路の上方沿いを石切駅、ホテル清流、額田駅を過し枚岡神社過ぎて50mで左折すると枚岡梅林に到達する。約1時間の行程である。
 途中に写真②③があり②を左折すると生駒山ハイキング辻ヶ谷コース(第三コース)となる。
 P3225663.jpg
 ②                 辻ヶ谷コースの一番目の石地蔵尊
 興法寺までに40以上の石地蔵尊が鎮座している。
 P3225665.jpg
 ③                      つめきり地蔵尊
 マンションから約45分の肯定、右折しホテル清流に至る。
 P3225686.jpg
④                      枚 岡 神 社 鳥 居                      
 ここまで約1時間の行程である。去年は3月5日に来ている、今年は可也遅いのでもう終わりかな?と案じ乍らきて驚き、まだ満開を迎えていない様子だ。
 P3225668.jpg
 P3225669.jpg
 ⑤⑥                       満開はまださきの様
 さくら 055
 ⑦              去年3月5日に撮影
 P3225670.jpg
 ⑧                   今日撮った同じ樹 
 17日の差があるにも関わらず同程度の咲き方である、今年は寒かった所為かも知れん。
 P3225671.jpg
 ⑨                    蜜を求めて目白が数羽
 P3225673.jpg
 ⑩                       シャッターチャンス
 P3225684.jpg
 ⑪                        この枝満開
 さくら 061
 ⑫                        去年の写真

 第一コースは国道308号(暗がり峠→南生駒)を下るか、生駒神社参道を下り水走の恩智川沿いに出るが今日は来た道を其の儘逆戻りで終了。

歩キング日記    小さな春を探しに 2012/3/20

 今日は3月20日春の彼岸の中日である。仏壇に般若心経を唱えて一大決心をする。

 50年近く働き続けたが漸く2年半前に卒業。最初は与えられたサンデー毎日を欧化しようと思っていたが、時間の制約が無くなってしまうと横着さが誘惑し自分が駄目になりそうな気がし始めたのが一ヶ月後。そこで一念発起ウオーキングを始めた。
 以来雨の日や極寒の季節を除きほぼ順当に続けている。
ご挨拶の項でも触れた様に去年は自宅(生駒山の麓、石切神社近く)から奈良東大寺、法隆寺まで共に2回、熊野古道踏破すること出来るまで成長した。
去年までは健康の為、ダイエット中心の考えで歩いたが、今年はそれに加えてカメラを携え小さな春を、夏を、秋を求めながら日々の様子をアルキングと題して綴りたいと思っている次第である。
 諸事情で彼方此方に出かけられない皆様是非ご覧頂き少し成りとも小さな春を感じて頂ければ幸甚です。
 
  『平成24年3月21日』 晴 :日記の初日

 過って玄関廻りの色彩に乏しかった為、マンションの気の合った仲間内で花を造ってはと話が持ち上がり
、休日返上で花壇を造り『花を造ろう会』を立ち上げた。
先ずは少し春の息吹が感じられる様になった花壇から紹介したい。
       
 春を探して 002
                去年の暮れ正月用飾りに造った正月飾りの寄せ植え
 春を探して 013
                    アネモネが春を告げる
 春を探して 012
                    今年はクリスマスローズも満開
 春を探して 009
      デントロビューウムも満開(去年春捨てられそうになったはちを貰い受けて)
 春を探して 019
                        水仙も咲き始めた
 今日は我らの花壇紹介のみ。実は少し腰を痛めてアルキング中止です。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


 『3月22日』 晴のち曇り

 歩くキング開始、マンションをAM10;30をスタート、生駒山麓に向かって直進小林公園を左に見て約15分右に5階建てのマンションがある交差点にでる。直進は近鉄電鉄生駒難波線の石切駅方面(第一コース)左は府立日進高校、右へは石切大仏に向かう(第二コース)。
今日は第一コースを採り枚岡梅林まで行くことにした。
 途中小林公園の上方で道路工事の為迂回路を余儀なくされる、その途中撮ったのが写真①である。
 P3225662.jpg
 ①                    屋敷内の満開の梅
 近鉄の線路より上まで登り線路の上方沿いを石切駅、ホテル清流、額田駅を過し枚岡神社過ぎて50mで左折すると枚岡梅林に到達する。約1時間の行程である。
 途中に写真②③があり②を左折すると生駒山ハイキング辻ヶ谷コース(第三コース)となる。
 P3225663.jpg
 ②                 辻ヶ谷コースの一番目の石地蔵尊
 興法寺までに40以上の石地蔵尊が鎮座している。
 P3225665.jpg
 ③                      つめきり地蔵尊
 マンションから約45分の肯定、右折しホテル清流に至る。
 P3225686.jpg
                       枚 岡 神 社 鳥 居                      
 ここまで約1時間の行程である。去年は3月5日に来ている、今年は可也遅いのでもう終わりかな?と案じ乍らきて驚き、まだ満開を迎えていない様子だ。
 P3225668.jpg
 P3225669.jpg
 ④⑤                       満開はまださきの様
 さくら 055
 ⑥              去年3月5日に撮影
 P3225670.jpg
 ⑦                   今日撮った同じ樹 
 17日の差があるにも関わらず同程度の咲き方である、今年は寒かった所為かも知れん。
 P3225671.jpg
 ⑧                    蜜を求めて目白が数羽
 P3225673.jpg
 ⑨                       シャッターチャンス
 P3225684.jpg
 ⑩                        この枝満開
 さくら 061
 ⑪                        去年の写真

 第一コースは国道308号(暗がり峠→南生駒)を下るか、生駒神社参道を下り水走の恩智川沿いに出るが今日は来た道を其の儘逆戻りで終了。

                 
                              「完」
プロフィール

ひげ爺 良兵衛

Author:ひげ爺 良兵衛
ひげ爺のブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
ブロとも一覧

ライフスタイル向上のすすめ

バックスクリーン三連発

地球の上で 〜人と生きるということ〜

心に風が吹くとき

本も映画も文具も、いいものはいい!

勇者フランツ

大きな声が出せないボイストレーナーブログ♪

ghost mail

ゼロから始める楽しい登山―初心者でも登山を10倍楽しむ方法を公開!!―

グローバルアジアん

写真とか小説(オリジナル)とかそのほか色々

オヤジの食卓

kbrkのつぶやき

One to Go

わくわく株式投資

しまじろうアニメの検証と考察

伊織のブログ

八十八(無職男・42日間歩き遍路旅からの人生)

宮廷アリス

Welcome to my thought♪~私の思想へようこそ♪~

QWERT 5w1h

おきらく道場

オンラインスロットプロ

Poem Spice-久遠の詩-

悩み解決!常識を捨てれば全てうまくいく

”さぶ”の独り言

★ Supaku Blog ★

素敵な人生(にゃんこ先生がお届け)

torara(°∀°)blog

MacとWindows:パソコン買取屋ブログ

勝ち組の日経225

夕子、西成区、花園町在住 の続篇・・・。                     『 制服と割烹着(夕子と昌幸・青春篇) 』  
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。